“A Thanksgiving”

古民家カフェ福智院でのオリジナルウェディング 古民家カフェ福智院でのオリジナルウェディング

THEME

“A Thanksgiving”

いつでも話を聞いて
受け止めてくれるところ

家族や友達を
大切にするところ

あなたの温かさに包まれながら
一緒に時間を刻む日々

飾らない自分でいられる喜び
食卓をともに囲めるささやかな楽しみ

小さな幸せ 大きな幸せ
一日一日を
これからも重ねて

こぼれる笑顔の中には
あなたへの 大切な人への
感謝の気持ち

心安らげる居場所を
今日またここから

Report.1

広島県世羅町の古民家カフェ福智院でのウェディング

「A Thanksgiving」は、
「感謝祭」という意味。

今回の式に対して、
暢大さんと唯さんの
「大切な人への感謝の気持ち」
がとても大きいことが伝わってくるので、
そのイメージに寄せた言葉にしました。

Report.2

古民家カフェでのメイン装花

会場から料理、 演出にいたるまで オリジナル性を出して、
他の式とは違う おもてなしでゲストを迎え、
かといって派手派手しい場ではなく
お二人の雰囲気が伝わり、 ゲストにもくつろいでもらえるパーティー。
感謝の気持ちを お二人らしく形にしたのが 今回のパーティーであり、
当日はもちろん結婚後何年たっても
周りの人、そしてお互いへの 感謝の気持ちを忘れないご夫婦で、
人生を歩んでいってほしいなという気持ちをこめています。

Report.3

古民家ウェディングでの和風な会場装花

コロナで延期されやっとやっとの今日という日が来ました。
当初予定のビュッフェ料理からコロナ対策としてお一人ずつのお重箱のお料理を詰めておもてなし。
箸置きは水引きでひとつずつ丁寧におつくりしました。
お重箱には福智院カフェのある世羅町の町花でもあるスズランを優しくつけて。
コケ玉を転がしてそこにもスズランを挿しました。
なんだかおばあちゃんのお家に来たようなホッとするやさしい空間の中で過ごされました。

Report.4

ガーデンセレモニーでの花嫁とアンティークキリム

グリーンいっぱいの初夏。
お庭での人前式の後のオールドキリムを敷いて撮影。
ドレスもベール、小物もとても素敵でお似合いでした。

Place : 福智院宿坊cafe